2009年5月18日

映画版『バフィー』は夢に終わる!?映画化を目指すTV作品たち

昨年公開された映画版が大ヒットとなり、続編の製作も決定している『セックス・アンド・ザ・シティ』。この『SATC』の成功を目の当たりにしてか、すでに放送が終了しているTVドラマやコメディーで、映画化を目論むクリエイターがいる。

ドラマ『ヴェロニカ・マーズ』のクリエイターであるロブ・トーマスは、クリスティン・ベルが演じた主人公ヴェロニカの、大学卒業直前の出来事を描いた脚本の構想を練っているという。しかし、映画化に向けての歩みはあまりはかどっていないようで、「がっかりはしているけど、まだ完全にあきらめたわけではない」と語っている。

一方、ここ数年にわたって映画化の噂が幾度も出ているドラマ『バフィー~恋する十字架~』。だが、クリエイターであるジョス・ウェドンは、「それはないね」と噂を否定している。 

また、シーズン2途中で打ち切りが決定したコメディー・ドラマ『Pushing Daisies』のクリエイターのブライアン・フラーは、すでに同ドラマを12巻からなるマンガに仕立てており、「この12巻のストーリーは、映画のシリーズ化にぴったりなんだよ」とコメントし、続編製作の野望まで持っている様子をほのめかした。

さらに、批評家受けの良かったコメディー『ブル~ス一家は大暴走!』は、キャストも製作陣も映画化を望んでいると言われている。同コメディーのクリエイターであるミッチェル・ハーウィッツは、「まだ脚本は書いてもいないんだけど、いくつかアイデアはあるんだ」と映画化構想を認めている。

最後に、レズビアンの女性が主人公のドラマ『Lの世界』も、今年3月にシーズン6で完結を迎えるのとほぼ同時期に、映画化の話が持ち上がっていた。同ドラマのクリエイターであるアイリーン・チェイケンは、「もし、ファンからもっと見たいという要望の声がたくさんあれば、映画版『Lの世界』をぜひ作りたいわ」と語っている。
海外ドラマNAVIwww.HollywoodNewsWire.net

2009年2月17日

新番組パイロット版、続々発表!

秋からの新シーズンに向けて、パイロット版製作ニュースの続報が入ってきている。
CBSは、新たに6つのパイロット版の製作を発表。マンハッタンの検察官チームが主人公の法廷ドラマ(タイトル未定)、新人の国会議員の男女が主人公の政治ドラマ『House Rules』、1週間のうち5日は両親が家に不在のティーンエイジャーが主人公のコメディー『The Fish Tank』、アメリカを脅かす世界の有事に対処する政府選りすぐりの部隊が主人公のドラマ『Washington Field』といったラインナップになるという。
一方、ABCは、大物プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーと、映画『ターミネーター4』の監督マックGを製作陣に迎えたドラマ2本のパイロット版の製作を発表。タイトル未定のブラッカイマープロデュースのドラマは、身元不明の犠牲者がいる事件の究明を目指すアマチュア探偵団が主人公。また、マックGは、ヒップホップ歌手で音楽プロデューサーのファレル・ウィリアムスと共同で『Limelight』と題したドラマを製作。芸能を学ぶ生徒と教師が主人公で、ウィリアムスの体験談が元になっているという。
NBCは、1989年ロン・ハワード監督作の映画『バックマン家の人々』を下敷きにしたコメディー・ドラマ『Parenthood』のパイロット版製作を発表。こちらは、アメリカ中西部に暮らす夫婦の子育て奮闘記になるという。 (www.HollywoodNewsWire.net
海外ドラマNAVI

2008年12月23日

苦戦のNBC、大改革を行う意向を発表!

今年の秋から始まった新シーズンでは、昨シーズンを14%も下回る視聴率のNBC局。地上波の主要チャンネルの視聴率争いでも最下位となり、大苦境に立たされている同局が12月8日、マスコミ向けに電話会議を行い、大改革を行う意向を発表した。
その発表によると、同局の重役クラス数名が解雇や降格になるほか、人気番組を生み出すためのクリエイティブ面の活性化や、放送縮小など、現在の厳しい経済状況に見合った経営のダウンサイジングが行われる見通し。NBCエンタテインメントの共同チェアマンであるマーク・グラボフは「今回の改革は、経費削減のためだけに行うのではありません。生き残るためには、これまでの経営方法をがらりと変える必要があるのです」と語っている。
また、放送縮小については翌9日、同社の最高経営責任者であるジェフ・ザッカーが投資家向けの電話会議で、「1週間で22時間ものプライムタイムの番組を放送し続けられるでしょうか? 競合相手の3放送局はやっていません。毎週毎晩、ドラマを放送する余裕があるでしょうか? 競合相手の1放送局はやっていません。これらの問題は、今後検討していく必要があります」と述べ、広告利益の減少に直面する同局が放送縮小を行う可能性を示唆した。
厳しい経営状況にある同局だが、好材料も1つある。同局が所有するケーブル局のブラボーUSAネットワークMSNBCは、2009年には3局とも利益が二桁台の伸びとなる見込みで、同局の経営立て直しを資金面で支援できると考えられている。

2008年2月 4日

G・バーンが精神科医役で連ドラ主演

演技派俳優として知られるガブリエル・バーンが、HBOで1月28日から放送開始となった連続ドラマ『In Treatment』に精神科医役で主演している。
同ドラマは、バーン演じる精神科医のセラピーのセッションがストーリーの中心。アメリカの連ドラとしては珍しく、毎週月曜から金曜の夜に30分間枠で放送される。月曜から木曜は、バーンを訪れる患者たちとのセッションを行う。患者役を『セックス・アンド・ザ・シティ』『LA・ロー』のブレア・アンダーウッド、『Sports Night』のジョシュ・チャールズ、『エイリアス』のメリッサ・ジョージらが演じる。 
金曜日はバーンがセラピーを受け、オスカー女優のダイアン・ウィーストがベテラン精神科医に扮する。また、バーンの妻役として、『プリズン・ブレイク』『24 -TWENTY FOUR-』のミシェル・フォーブスが随所に登場する。
「聞き手に回ることの多いキャラを演じるのは難しいけど、やり甲斐がある」と、バーンは新しい役柄に意気込みを見せている。放送は9週間の予定。(www.HollywoodNewsWire.net
 

2008年1月25日

『アメアイ』シーズン7、高視聴率でスタート

フォックスの看板番組『アメリカン・アイドル』のシーズン7が1月15日と16日に各2時間、計4時間の放送でスタートした。
フィラデルフィアでのオーディションの模様を伝えた15日の放送では、3320万人の視聴者を獲得。2004年のシーズン3以降の初回放送としては最低の数字ながら、同じ時間帯に放送された地上波の裏番組の合計視聴者を上回り、局別の視聴者数争いでは圧勝した。また、ダラスでのオーディション風景を紹介した16日の放送は、前日を若干下回る視聴者数だったものの、スポーツ番組を除けば、今年放送された番組の中で、前日の1位に続き、堂々の2位を記録している。
昨年のシーズン6は、最も視聴者数が多かったシーズン5を若干下回ったため、新シーズンがどれほどの人気を集めるのか、TV業界全体が注目していると言われている。優勝者は5月に放送予定の最終回で発表される。(www.HollywoodNewsWire.net
 

2008年1月23日

待望のテレビ版「ターミネーター」始動

大ヒット映画「ターミネーター」シリーズのTV版「Terminator: The Sarah Connor Chronicles」がいよいよスタートする。放送に先駆け、1月9日に、通常は映画のプレミアが行われるハリウッドの映画館シネラマドームで盛大なプレミアが開催された。会場には、サラ・コナー役のレナ・ヘディ、ジョン・コナー役のトーマス・デッカー、ターミネーター役のサマー・グラウらが姿を見せ、沿道のファンから声援を送られた。
また、プレミア放送日の13日には、シュライン・オーディトリアムで開催のロサンゼルス・コミックブック・アンド・サイファイ・コンベンションに、トーマス・デッカー、サマー・グラウ、リチャード・T・ジョーンズ、プロデューサーのジェームズ・ミドルトンが出席。ファンからの質問に答え、サイン会を行った。シーズン1のエピソード数について質問されたミドルトンは、「パイロット版に8話を加えた合計9話になっています。放送局側からは、13話ほしいという注文が来ているのですが、全米脚本家組合のストライキで10話目からの制作がストップしています」と話した。 (www.HollywoodNewsWire.net
 

2008年1月15日

『Law & Order』のロンドン版が登場?

NBCが誇る長寿番組『Law & Order』シリーズは、現在、アメリカで18シーズン目に突入している。スピンオフ番組も次々と作られ、1999年には『Law & Order:性犯罪特捜班』が、2001年には『Law & Order: Criminal Intent』が、そして、2005年には『Law & Order: Trial by Jury』がスタートした。そんな中、『Law & Order』のロンドン版が作られるかもしれないという。
同シリーズのクリエイター、ディック・ウルフは、イギリスの民放局ITVネットワークで放映予定の『Law & Order: London』(仮題)の制作権をイギリスの制作会社に与えるか交渉中。これまでにロシア版『Law & Order:性犯罪特捜班』と『Law & Order:Criminal Intent』、フランス版『Law & Order: Criminal Intent』が制作されている本シリーズ。いずれもアメリカ版のストーリーを各国の法律に置き換えて制作されており、話がまとまれば、ロンドン版もこれに準じる予定。放送が決まれば、同シリーズでは初となるアメリカ国外での英語リメイク作品となる。(www.HollywoodNewsWire.net
 

2007年12月26日

スカリー捜査官の次なる任務は、番組司会!?

X-ファイル』シリーズのダナ・スカリー役で知られる女優ジリアン・アンダーソンが公共放送サービス(PBS)の長寿番組『Masterpiece Theater』の司会を来年前半から務めることが明らかになった。
PBSは、日本のNHKやイギリスのBBCに相当する放送局で、文化・教養性の高い番組を幅広くオンエアすることで知られている。『Masterpiece Theater』は開局初期の1971年から続いており、ドラマシリーズとしては、全米一の長寿番組。主にBBC製作のハイクオリティのドラマ(6~10話程度のもの)を放送し、PBSの看板番組の1つとして君臨してきたものの、昨今はケーブル局で類似番組の視聴が可能になり、苦戦を強いられていた。冒頭でドラマを紹介する司会にアンダーソンを起用することで、若い層の取り込みを狙ったものと見られる。
「質の高いドラマが見られる『Masterpiece Theater』は、ずっと大ファン。私が司会になって、若い世代がもっと見てくれるようになったら嬉しい」とアンダーソンは語っている。(www.HollywoodNewsWire.net
 

2007年11月26日

『HEROES/ヒーローズ』新キャラは、視聴者がウェブで決定!?

HEROES/ヒーローズ』のシーズン2を放送中のNBCは、大人気に乗じて『Heroes: Origins』と題した全6話からなるスピンオフ・ドラマの製作を進めていたが、全米脚本家組合のストライキの影響で中断を余儀なくされている。そんな最中の11月12日、新しいヒーロー像を自社のウェブサイトでファンから募る企画を開始した。
第1弾は、理想の男性ヒーローと女性ヒーローについて、「出身地」「ルックス」「体つき」の3項目で、4つの選択肢の中から選び投票するシステムを採用。次の段階では「どんな超能力を持っているか」について投票が行われると噂されているが、NBCは正式な発表はせず、その都度ウェブ上で明らかにしていくという。(www.HollywoodNewsWire.net
 

2007年10月22日

S・J・パーカー、「キャリーと私は似てない!」

映画版の撮影がニューヨークで進行中の『セックス・アンド・ザ・シティ』だが、ヒロインのキャリー・ブラッドショーに扮する主演女優サラ・ジェシカ・パーカーは、役と自分自身の間に共通点があまりないことを明らかにした。パーカーは、実生活では服を買うのが苦手なため、マンハッタンの自宅クローゼットはほとんど空っぽの状態で、2着のお気に入りの服ばかり着ていると告白。そんな彼女だが、靴を買うのは大好きだそうで、そこは役柄と似ていると語った。服選びが苦手な理由については、「キャリーに追いつかなきゃって思うのだけれど、それって大変なことだわ」とコメント。どうやら、キャリーのファッションセンスの良さが、プレッシャーになっているようだ。(www.HollywoodNewsWire.net
 

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』