« 『バトルスター・ギャラクティカ』でファンの度肝を抜いた“時間すっ飛ばし”がスピンオフドラマ『Caprica』でも起きるかも!? | トップページ | キャサリン・ハイグル、“今度こそ”禁煙に成功!? »

2010年10月 7日

サム・ライミがコミック作家と組んで、エイリアン退治をドキュメンタリー風に描くSFドラマ『Smokers』を手がけることに

映画「スパイダーマン」3部作で監督を務めたサム・ライミ。彼がプライムタイムのTVドラマへと本格的に進出する動きを見せている。

報道によると、ライミが持つ製作会社スターズ・ロード・エンタテインメントは、『LOST』の脚本にも参加したコミック作家、ブライアン・K・ヴォーンとタッグを組んで、ドキュメンタリータッチのSFドラマ『Smokers』を製作するとのこと。
ドラマの内容はなかなかユニーク。深宇宙に潜むエイリアンの脅威を排除する労働者たちの仕事ぶりを、ドキュメンタリー撮影班が紹介するという設定だ。ヴォーン自身の原案をもとにパイロット版を製作し、FOXで放送する。

ライミの会社はこのほかにも、ABCとCBSに向けて犯罪ドラマを製作する。ABCのドラマ(タイトル未定)では、自らを法とみなすロサンゼルスの女性検事が活躍。CBSのドラマ『Lancaster』は、ロス警察に赴任した英スコットランドヤード出身の刑事が主人公となるようだ。

なお、ライミはこれまでにも、アクションアドベンチャーものの『Hercules: The Legendary Journeys』『Xena: Warrior Princess』などのように、シンジケーション市場を対象とするドラマ製作を手がけていた。また、90年代にはCBSドラマ『アメリカン・ゴシック』などのホラー作品も製作したが、今回はホラー以外のジャンルで勝負を挑むようだ。

(海外ドラマNAVI)

« 『バトルスター・ギャラクティカ』でファンの度肝を抜いた“時間すっ飛ばし”がスピンオフドラマ『Caprica』でも起きるかも!? | トップページ | キャサリン・ハイグル、“今度こそ”禁煙に成功!? »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

『アメリカン・ゴシック』が見たい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/49672808

この記事へのトラックバック一覧です: サム・ライミがコミック作家と組んで、エイリアン退治をドキュメンタリー風に描くSFドラマ『Smokers』を手がけることに:

« 『バトルスター・ギャラクティカ』でファンの度肝を抜いた“時間すっ飛ばし”がスピンオフドラマ『Caprica』でも起きるかも!? | トップページ | キャサリン・ハイグル、“今度こそ”禁煙に成功!? »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』