« キャサリン・ハイグル、“今度こそ”禁煙に成功!? | トップページ | 夢のコラボ!?『バーンノーティス 元スパイの逆襲』主演ジェフリー・ドノヴァンが日本語でアフレコ »

2010年10月 8日

『プリズン・ブレイク』マイケル役のウェントワース・ミラー、俳優業より脚本執筆に夢中!?

知的なまなざしで世の女性を虜にした『プリズン・ブレイク』のマイケルこと、ウェントワース・ミラー。映画『バイオハザードIV アフターライフ』の次はどんな作品で見られるのかと楽しみにしているファンも少なくないはず。ところが今の彼は、俳優業より執筆業に夢中らしい。

ミラーが取り組んでいるのは、『Stoker(原題)』というホラー映画の脚本。この映画は、主演に『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、共演者にオスカー女優ジョディ・フォスターの名前が挙がっており、製作をリドリー&トニー・スコット監督のスコット・フリー・プロダクションズが手掛けるという豪華布陣だ。しかもメガホンを取るのは、リドリー・スコットの方だというウワサもささやかれている。

気になるストーリーの主人公は10代の女の子。父親が亡くなったことを機に、おじが家族の元に戻ってきて、様々なドラマが展開するという。またタイトルの『Stoker(ストーカー)』は、怪奇小説の古典『吸血鬼ドラキュラ』の著者ブラム・ストーカーにちなんでいることから、こちらの古典小説に絡むような内容も含まれるらしい。実はミラーは、脚本の原案を4年前から思い描いていたものの、自分は脚本を書けるわけがないと言い聞かせてきたそうだ。しかしその後、4週間で1本の脚本を書き上げ、「自分は書ける」と分かったのだという。

38歳になるミラーは、名門プリンストン大学の英文学科を卒業している。ちなみに脚本家のペンネームはテッド・フォークで、今年はさらにもう1本、『Uncle Charlie』という作品の脚本も執筆しているらしい。ますます活躍の場を広げて、豊かな知性を発揮するミラーの活躍に、今後も目が離せない!

(海外ドラマNAVI)

« キャサリン・ハイグル、“今度こそ”禁煙に成功!? | トップページ | 夢のコラボ!?『バーンノーティス 元スパイの逆襲』主演ジェフリー・ドノヴァンが日本語でアフレコ »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/49680928

この記事へのトラックバック一覧です: 『プリズン・ブレイク』マイケル役のウェントワース・ミラー、俳優業より脚本執筆に夢中!?:

« キャサリン・ハイグル、“今度こそ”禁煙に成功!? | トップページ | 夢のコラボ!?『バーンノーティス 元スパイの逆襲』主演ジェフリー・ドノヴァンが日本語でアフレコ »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』