« 『ビッグ・ラブ』にロバート・パトリックがゲスト出演 | トップページ | 『ビッグバン★セオリー』のスターが実は恋人同士だった!! »

2010年10月11日

『デクスター』の製作総指揮者、ジョン・ゴールドウィンはエンターテイメント家族の一員

『デクスター ~警察官は殺人鬼』ではデクスターと養父の関係、デクスター自身が父親になるなど、家族のエピソードがよく出てくる。というわけで、今回は『デクスター』の製作総指揮者であるジョン・ゴールド・ウィンの家族についてのエピソードを紹介しよう。

ジョンの家族はエンターテイメント界で活躍しているプロデューサー一家だ。ジョンの父親であるサミュエル・ゴールドウィン・Jrは、ラッセル・クロウ主演の映画『マスター・アンド・コマンダー』など数多くの作品を手掛けるプロデューサー。サミュエルがZap2itに語ったところによると、『デクスター』が放送される前に、息子が製作しようとしているドラマの内容を聞いて「これはヒットしない。連続殺人犯が主役のドラマなんて誰が観たがる?」と正直思ったそうだ。しかしジョンは「この企画を気に入ったテレビ局があるんだ。だから作ってみたい」と考えを曲げなかったという。そして『デクスター』は見事ヒットシリーズとなり、放送局Showtimeの看板ドラマとなっている。今ではすっかり息子の眼力を認めているサミュエル。「デクスター役にマイケル・C・ホールを選んだのが、成功の要因だ。マイケルは殺人犯を演じているのに、視聴者に感情移入させる優れた俳優だよ。息子が手がけた『デクスター』が成功して、シーズン5まで続くなんて素晴らしい」と絶賛している。

ジョンの祖父であるサミュエル・ゴールドウィンもまた映画プロデューサーであると同時に、ハリウッドの映画会社MGMの前身であるゴールドウィン・ピクチャーズの創立者でもある。そしてジョンの弟トニー・ゴールドウィンは『ゴースト/ニューヨークの幻』『ラストサムライ』に出演した俳優で、最近では映画監督としても活躍しており、『デクスター』でも監督を務めている。家族に見守られている『デクスター』、現在アメリカで放送されているシーズン5にも期待したい。

(海外ドラマNAVI)

« 『ビッグ・ラブ』にロバート・パトリックがゲスト出演 | トップページ | 『ビッグバン★セオリー』のスターが実は恋人同士だった!! »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/49699709

この記事へのトラックバック一覧です: 『デクスター』の製作総指揮者、ジョン・ゴールドウィンはエンターテイメント家族の一員:

« 『ビッグ・ラブ』にロバート・パトリックがゲスト出演 | トップページ | 『ビッグバン★セオリー』のスターが実は恋人同士だった!! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』