« 8月スタートの“FOXLIFE”注目の海外ドラマをご紹介! | トップページ | 特報!!『SUPERNATURAL THE ANIMATION』ついに完成! »

2010年8月 6日

『ヤング・スーパーマン』の最終話で、クラーク・ケントはやっぱりスーパーマンのコスチュームを着る!?

スーパーマンの若い頃を描く青春ドラマ『ヤング・スーパーマン』が、今年の秋、アメリカでいよいよファイナル・シーズンを迎える。その最終話で、体にピッチリの全身タイツとマントをクラーク・ケントが身に着けるのは、ほぼ確実なようだ。

7月下旬、米サンディエゴ市で開催された“Comic-Con”の会場で取材陣の質問に応じたクラーク役のトム・ウェリング。彼は、「スーパーマンになるんですか?」との質問に「そうらしいよ。どういう風にもっていくのか、まだ知らないけれど、そうなるのが必然だ」と回答。また、歴史のあるコスチュームを着ることについては「責任重大だ。クラークだけでなく僕自身にとってもね。このキャラクターにふさわしく、みんなが喜んでくれるような終わり方になると思う」と話している。

また、製作総指揮のケリー・サウダーズも、「エンディングはしばらく前から製作者たちの頭の中にあったもの」とコメント。シーズン7を最後に番組から去ったクリエイターのアルフレッド・ガフとマイルズ・ミラーが、最終話のために当初から思い描いていたイメージを織り交ぜると語っている。
「おかしな言い方だけど、ある意味ラクなんですよ。クラークがスーパーマンになるのは誰でもわかっているから。あとはパズルのピースをうまくはめるだけ」――ただ、具体的にラストシーンやコスチュームがどんなものになるのかは、脚本最終稿をチェックするDCコミックの見解などによって決まってくるようだ。

さて、これまで番組を通して数々の超能力を身につけ、大勢の敵を倒してきたクラーク。そんな彼が大人のスーパーマンとして巣立つまでのプロセスを描くことが、ファイナル・シーズンのコンセプトだとケリーは言う。
「クラークというキャラクターをよく吟味しました。リーダーの資質を備え、超能力を身につけてきたけれど、まだスーパーマンとは言い切れません。スーパーマンになるために障害となるものは何かを考え、最終目的地までいざなってやることがこれからの方針なんです。そのとき、クラークの過去もひとつのポイントになります。過去の亡霊と向き合い、最後の教訓を得ることで、暗闇を抜けて光の世界へと飛び出すんです」

終わり方がわかりきっているドラマなんて、そうそうない。でも、こと本作に限っては、青春時代を乗り越え、お馴染みのコスチュームを身にまとったクラークの勇姿をぜひ拝んでおきたいものだ。

(海外ドラマNAVI)

« 8月スタートの“FOXLIFE”注目の海外ドラマをご紹介! | トップページ | 特報!!『SUPERNATURAL THE ANIMATION』ついに完成! »

ネタばれ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/49073315

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤング・スーパーマン』の最終話で、クラーク・ケントはやっぱりスーパーマンのコスチュームを着る!?:

« 8月スタートの“FOXLIFE”注目の海外ドラマをご紹介! | トップページ | 特報!!『SUPERNATURAL THE ANIMATION』ついに完成! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』