« 『FRINGE』ジョシュア・ジャクソン、「このドラマにロマンスはいらないぜ」発言。 その真意とは? | トップページ | 『クリミナル・マインド』カーステン・ヴァングスネス、 A・J・クックの降板は「本当にショック」と心境を語る。 »

2010年8月10日

『ドクター・フー』のクリエイターが手掛けるシャーロック・ホームズの新シリーズが大評判!

『ドクター・フー』の脚本家スティーブン・モファットとマーク・ゲイティスが、現代のロンドンによみがえらせたシャーロック・ホームズが、イギリスの視聴者を沸かせ、高視聴率を獲得!

コナン・ドイルが生んだ名探偵ホームズは、これまでにも何度も映像化されてきたが、この『Sherlock』は一味違う。舞台を19世紀ヴィクトリア朝時代から、2010年の現代に移し、科学捜査が進む現代の犯罪捜査現場で、名探偵がどんな捜査を繰り広げていくのかを描いている。3話だけのミニシリーズで宿敵モリアーティ教授の名前も登場する。ホームズらしさを損なわず、「もし現代にホームズがいたら、どんな活躍を見せるのか」を大胆に解釈した脚本で、第1シーズンの初回放映はイギリスで750万人の視聴者数を獲得し、辛口批評家たちも大絶賛の出来栄え。英BBCとしても3話だけでなく、さらに続けたいと考えているが、ただ脚本家のモファットは『ドクター・フー』も抱えているため、もしさらに続けるとしても、オンエアまでには最低でも1年はかかりそうだという。

シャーロック・ホームズを演じるベネディクト・カンバーバッチ(『ブーリン家の姉妹』、『つぐない』)は陰気な役柄が得意と自他ともに認める俳優。知的でエキセントリックな雰囲気があり、頭脳明晰だがかなりの変わり者というホームズ役にはぴったり!実は彼、デビッド・テナントの後を引き継ぎ、11代目ドクターに、という出演話もあったが、彼は『ドクター・フー』を辞退(その後、11代目はマット・スミスに決まった)。そしてこの人気SFシリーズを降りたため、友人だったモファットを介して、今回のホームズ役をオファーされたという。コンピューター以上の推理力を誇る現代版ホームズ。ぜひとも日本でもオンエアしてほしい。

(海外ドラマNAVI)

« 『FRINGE』ジョシュア・ジャクソン、「このドラマにロマンスはいらないぜ」発言。 その真意とは? | トップページ | 『クリミナル・マインド』カーステン・ヴァングスネス、 A・J・クックの降板は「本当にショック」と心境を語る。 »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

待ってました!
日本で初めてのニュースです。
ご紹介ありがとうございます!

このドラマ、ほんとおもしろいです。
ぜひぜひ日本でも吹き替えでやって欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/49111047

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドクター・フー』のクリエイターが手掛けるシャーロック・ホームズの新シリーズが大評判!:

« 『FRINGE』ジョシュア・ジャクソン、「このドラマにロマンスはいらないぜ」発言。 その真意とは? | トップページ | 『クリミナル・マインド』カーステン・ヴァングスネス、 A・J・クックの降板は「本当にショック」と心境を語る。 »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』