« 『CSI:NY』のカーマイン・ジョヴィナッツォが元『ビバヒル』女優と結婚! | トップページ | 『スパルタカス』ルーシー・ローレスが濡れ場についてドッキリ告白 »

2010年7月15日

ネットワーク系列のドラマにしてはダーク!? マギー・Qが主役の最新版『NIKITA』

アメリカでは9月から“The CW”にて放送されるアクションドラマ『NIKITA』。主演のマギー・Qは、そのダークな内容にビックリしたという。

本作の主人公は、政府の秘密機関により工作員として育てられた女性ニキータ。“もともとストリートで育った彼女が、麻薬中毒で捕まり、暗殺者として鍛えられた”という基本設定は、フランスでリュック・ベッソンが撮ったオリジナルの映画や、90年代にアメリカやカナダでテレビ向けに作られたリメイク版とほぼ同じのようだ。

しかし今回の内容について、マギーは次のように語っている。「ネットワーク系列のドラマにしてはとてもダークなのよ。これをやるっていうんで驚いたわ。“ホントにやる気?”って疑ったんだけど、本気だったの」――というわけで、現代によりマッチしたニキータを求めるファンは期待していいかも。

また、最新版では、ニキータを育てた政府機関に彼女が反逆する展開がメインになる模様。新たな工作員として、新進女優リンゼイ・フォンセカが演じる“アレックス”というキャラクターも登場する。

ドラマは初体験のマギーだが、製作総指揮を務めるマックGから「君しかありえない」と熱烈なラブコールを受け、出演を決めたとのこと。「銃撃シーンがあって楽しいわ。射撃が好きなの。人や動物を標的にするのがってことじゃないのよ。空包を撃つのが楽しい!」と興奮した面持ちだ。

「それから、女として独自のことをやれるのがいい。たくさんの映画に参加できるのはラッキーだし、文句はないけれど、大物のアクションヒーローと一緒の映画では、脇役に回るしかないのよね。でもこの作品は女が主体的に動けるから、最高よ」

このように、マギーが撮影をのびのびと楽しんでいることが伺える最新版『NIKITA』。日本での放映もぜひお願いしたいところだ。

(海外ドラマNAVI)

« 『CSI:NY』のカーマイン・ジョヴィナッツォが元『ビバヒル』女優と結婚! | トップページ | 『スパルタカス』ルーシー・ローレスが濡れ場についてドッキリ告白 »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/48881182

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワーク系列のドラマにしてはダーク!? マギー・Qが主役の最新版『NIKITA』:

« 『CSI:NY』のカーマイン・ジョヴィナッツォが元『ビバヒル』女優と結婚! | トップページ | 『スパルタカス』ルーシー・ローレスが濡れ場についてドッキリ告白 »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』