« 『CSI:マイアミ』エディ・シブリアン降板。来シーズンは、オリジナルメンバーでいく!? | トップページ | 『ドクター・フー』10代目ドクターを演じたデビッド・テナントが、80年代ホラー映画「フライトナイト」のリメイクに出演 »

2010年6月19日

『Dr. HOUSE』スピンオフ『Nurse Jeffrey』がiPhoneアプリで登場!来シーズンの新キャラも登場!?

『Dr. HOUSE』最新シリーズ、シーズン6で登場したナース・ジェフリー(ジェフリー看護師)を主人公にしたスピンオフ企画『Nurse Jeffrey』が、いよいよiPhoneアプリでの視聴が始まる。

このジェフリー看護師、実際はシリーズ中、2話しか登場していないものの、個性的なキャラクターが買われ、今回スピンオフ企画の主人公に決定。マニアな人気を誇るキャラだ。監督は『Dr. HOUSE』のエグゼクティブ・プロデューサーであるケイティ・ジェイコブス。13話からなるミニシリーズで、主役のジェフリー看護師(パトリック・プライス)が、ハウスをプリンストン・プレインズボロ教育病院から追い出すため、スタッフから話を聞きながらハウスの粗探しをしていく。ハウスを嫌う面々が登場し、ブラックユーモアあふれるエピソードになりそうだ。「ジェフリー看護師は、ハウスを追放するための証拠探しをしていくの。その中で、これから本シリーズで登場する新しい医師たちもいるわよ」と監督のジェイコブスは語る。というわけで、これは次のシーズンのちょっとした予告的な役割も担っているミニシリーズなのだ。もちろんシリーズでおなじみの面々も顔を出すという。ハウスを演じるヒュー・ローリーも登場する可能性もある。このミニシリーズは、今月から新シーズンが始まるまで3か月だけ、『Dr. HOUSE』の無料アプリ『inHouse』で見ることができる。更新はアメリカ時間の毎週月曜日。

そしてこのミニシリーズが終わると、いよいよ新しいシーズン7が始まるわけだが、気になるのは、映画出演のため新シリーズを休むことになったオリヴィア・ワイルドの穴を誰が埋めるのか、ということ。ジェイコブスは、ワイルドが演じるレミー・ハドリー(候補13番)の代わりに新しい女性キャストを投入すると話す。もしかしてこのミニシリーズに登場したりするかもしれない!?

看護師から見るとハウスはどんなふうに映っているのか?いつもと違う視点で『Dr. HOUSE』の世界が楽しめそうだ。

(海外ドラマNAVI)

※写真はケイティ・ジェイコブス監督

« 『CSI:マイアミ』エディ・シブリアン降板。来シーズンは、オリジナルメンバーでいく!? | トップページ | 『ドクター・フー』10代目ドクターを演じたデビッド・テナントが、80年代ホラー映画「フライトナイト」のリメイクに出演 »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/48660676

この記事へのトラックバック一覧です: 『Dr. HOUSE』スピンオフ『Nurse Jeffrey』がiPhoneアプリで登場!来シーズンの新キャラも登場!?:

« 『CSI:マイアミ』エディ・シブリアン降板。来シーズンは、オリジナルメンバーでいく!? | トップページ | 『ドクター・フー』10代目ドクターを演じたデビッド・テナントが、80年代ホラー映画「フライトナイト」のリメイクに出演 »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』