« 『Dr. HOUSE』スピンオフ『Nurse Jeffrey』がiPhoneアプリで登場!来シーズンの新キャラも登場!? | トップページ | スピルバーグ製作の恐竜SFアドベンチャー『Terra Nova』、主役の決め手は“タイムトラベラー顔”!? »

2010年6月21日

『ドクター・フー』10代目ドクターを演じたデビッド・テナントが、80年代ホラー映画「フライトナイト」のリメイクに出演

イギリスの人気ドラマ『ドクター・フー』で3シリーズにわたり、10代目ドクターを演じた俳優デビッド・テナント。彼が、1985年の米ホラー映画「フライトナイト」のリメイクに出演することがわかった。「フライトナイト」は、吸血鬼をテーマにしたB級ホラー映画の傑作。母子家庭で育った高校生チャーリーと、隣家に越してきた吸血鬼の戦いを描く物語で、ホラーにしてはライトなタッチで作られているのが特徴だ。

“Hollywood Reporter”などが報じたところによると、テナントが演じるのは、オリジナル作品で名優ロディ・マクドウェルが演じた「ピーター・ビンセント」という重要な役。自称“バンパイア・ハンター”のピーターは、オリジナル作品ではテレビ番組の司会だったが、リメイク作品ではラスベガスの手品師に設定が変更されている。

リメイクはドリームワークスが製作を手がけ、ディズニーが配給元となる。テナントのほかに、アントン・イェルチン(映画「スター・トレック」「ターミネーター4」「誰かが私にキスをした」)、コリン・ファレル(「クレイジー・ハート」「マイアミ・バイス」)、クリストファー・ミンツ=プラッセ(「Kick-Ass」「スーパーバッド 童貞ウォーズ」)、トニ・コレット(「シックス・センス」)などが出演し、2011年に公開が予定されている。

なお、テナントがアメリカ映画で大きな役をつかむのは、これが初めてとのこと。『ドクター・フー』ファンはぜひ注目しておこう。

(海外ドラマNAVI)

« 『Dr. HOUSE』スピンオフ『Nurse Jeffrey』がiPhoneアプリで登場!来シーズンの新キャラも登場!? | トップページ | スピルバーグ製作の恐竜SFアドベンチャー『Terra Nova』、主役の決め手は“タイムトラベラー顔”!? »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/48659206

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドクター・フー』10代目ドクターを演じたデビッド・テナントが、80年代ホラー映画「フライトナイト」のリメイクに出演:

« 『Dr. HOUSE』スピンオフ『Nurse Jeffrey』がiPhoneアプリで登場!来シーズンの新キャラも登場!? | トップページ | スピルバーグ製作の恐竜SFアドベンチャー『Terra Nova』、主役の決め手は“タイムトラベラー顔”!? »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』