« 『24 -TWENTY FOUR-』最終回直前スペシャル 【その1】製作総指揮が語る『24』の“終わり時”、これで本当によかったの? | トップページ | 『24 -TWENTY FOUR-』最終回直前スペシャル 【その3】いよいよ映画版『24』が本格に始動? 製作総指揮者が映画版の構想を語る »

2010年5月21日

『24 -TWENTY FOUR-』最終回直前スペシャル 【その2】製作総指揮が語る『24』の気になるラスト!!

『24』の製作総指揮者ハワード・ゴードンが「ジャック・バウアーにとって、最終回はハッピーエンドにはならない」と述べていたが、毎シーズン大変な目に遭うジャックがどのようなラストを迎えるのか、やっぱりどうしても気になるところ。

TV star.comのインタビューによると、ゴードンがシーズン8で最も印象に残ったのは、最終回だったそうだ。「ラストシーンを観た時は、しばらく頭の中から離れなかったぐらいだ。他のシーズンの最終回よりも重い終わり方になるかもしれないが、出来にはとても満足しているよ」。これは否応なしで期待感がアップする。
また、今回のシーズンの製作で、こうするべきだったと後悔した点については、「後悔したことはほとんどない。でもひとつだけ挙げるとすれば、視聴率が低下して今シーズンは予算が削減されたから、撮り直しや追加撮影ができなかったのが残念だった。『24』はかなり製作費が高いドラマだったから、その点だけが残念だったね」と答えている。

人気のドラマも作る側では苦労もあったようだ。
そしてもうひとつの苦労といえば、全米脚本家組合のストライキである。ストライキが長引き、その影響で2008年に放送される予定だった『24』シーズン7の放送が延期となった。そしてシーズン7の放送が1年後の2009年1月に決まった際に、シーズン6とシーズン7の間を補完するべく製作されて2008年11月にアメリカで放送されたのが、特別番組『24 リデンプション』(脚本を書いたのはハワード・ゴードン)である。
放送延期という危機を乗り越えて特別編を放送し、テレビ局の予算削減やストに影響を受けながら、ファンの期待を裏切らないように『24』は製作されてきたのだ。

【その3】いよいよ映画版『24』が本格に始動? 製作総指揮者が映画版の構想を語る へ続く

(海外ドラマNAVI)

« 『24 -TWENTY FOUR-』最終回直前スペシャル 【その1】製作総指揮が語る『24』の“終わり時”、これで本当によかったの? | トップページ | 『24 -TWENTY FOUR-』最終回直前スペシャル 【その3】いよいよ映画版『24』が本格に始動? 製作総指揮者が映画版の構想を語る »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/48415436

この記事へのトラックバック一覧です: 『24 -TWENTY FOUR-』最終回直前スペシャル 【その2】製作総指揮が語る『24』の気になるラスト!!:

« 『24 -TWENTY FOUR-』最終回直前スペシャル 【その1】製作総指揮が語る『24』の“終わり時”、これで本当によかったの? | トップページ | 『24 -TWENTY FOUR-』最終回直前スペシャル 【その3】いよいよ映画版『24』が本格に始動? 製作総指揮者が映画版の構想を語る »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』