« TVドラマで“ゾンビもの”は珍しいかも。コミック原作の『The Walking Dead』が製作決定 | トップページ | さあ、どうなるフィナーレ!『アグリー・ベティ』最終シーズン、出演者が結末暴露!? »

2010年4月10日

『デスパ妻』ガブリエル役のパーカーが、“シェリダン訴訟”について複雑な心境を語る

『デスパレートな妻たち』に主演していたニコレット・シェリダン(イーディ役)がABCと同ドラマのクリエイターを告訴した事件に関して、ここ数日ノーコメントの姿勢を貫いてきた主演女優たち。そんな中、ガブリエル役のエヴァ・ロンゴリア・パーカーが裏事情について初めてコメントを発した。

シェリダンは4月5日に裁判所へ訴状を提出、同ドラマの製作総指揮を務めるマーク・チェリーから撮影現場で暴行を受け、ABCに不満を訴えたところ同ドラマを降板させられたとして、賠償金2000万ドル(約18億7100万円)を求める訴訟を起こしている。『デスパ妻』の共演者で初めて本件にコメントしたパーカーは、ハイチ地震のチャリティを兼ねて出演したラジオ番組で「全くワケが分からないわ。ニコレットのことが心配だし、是非会って様子を知りたい」と漏らした。また訴えられたチェリーについては「虫も殺せない人だと思うわ」と言いながらも、チェリーとシェリダンの関係が緊迫していたことを認めている。「数年前のことだと思うけど、撮影現場で何かがあったようね。2人の間に何かが起こって、それについてニコレットが悔やんでいたってことくらいしか、その場に居合わせなかった私には分からないけど・・・・・・」と慎重に語った。またパーカー自身はこの裁判沙汰によって、現在アメリカでオンエアされているシーズン6の視聴率が低迷しないかが一番気がかりな様子。主演女優たちを一躍スターに押し上げ、高額な出演料をもたらしている同ドラマだけあり、まだまだ続いてほしいというのが出演者たちの本音かもしれない。

スーザン役のテリー・ハッチャーもチェリーの振る舞いに苦痛を感じているという噂があるが、既に降板したシェリダンをバックアップするより、自身の地位を手放したくないという思惑もありそうだ。何はともあれ、やっぱりデスパ妻たちの巻き起こす愛憎劇から目が離せない!?

(海外ドラマNAVI)

« TVドラマで“ゾンビもの”は珍しいかも。コミック原作の『The Walking Dead』が製作決定 | トップページ | さあ、どうなるフィナーレ!『アグリー・ベティ』最終シーズン、出演者が結末暴露!? »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/48040927

この記事へのトラックバック一覧です: 『デスパ妻』ガブリエル役のパーカーが、“シェリダン訴訟”について複雑な心境を語る:

« TVドラマで“ゾンビもの”は珍しいかも。コミック原作の『The Walking Dead』が製作決定 | トップページ | さあ、どうなるフィナーレ!『アグリー・ベティ』最終シーズン、出演者が結末暴露!? »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』