« 『プライベート・プラクティス』ケイト・ウォルシュ、晴れて独身に返り咲き! | トップページ | ファン騒然!『ゴシップガール』、第4シーズンにテイラー・モムセンが出演しない!? »

2010年4月16日

あるの?ないの?『ヴェロニカ・マーズ』映画化の行方

女子学生ヴェロニカ(クリスティン・ベル)が探偵として事件を捜査する青春ミステリードラマ『ヴェロニカ・マーズ』。このドラマを映画化しようとする話が今まで何度も出ては消えていった。もう実現はしないかと思われていたが、ドラマの製作総指揮だったロブ・トーマスによると、まだ映画化の可能性はあるらしい。

「映画にしたいという気持ち今でもある」と語るトーマス。「でもいろいろなウワサばかりが先走っていて、もう映画版の脚本が出来上がっているとかね。まだ脚本は書かれてもいないよ。でも簡単なあらすじを持ってワーナー・ブラザーズに売り込んだのは事実だ」。トーマスは『ヴェロニカ・マーズ』で一緒に製作総指揮を努めたジョエル・シルヴァーと映画の構想についてはスタジオと話したそうだ。売り込みの感触についてトーマスは「スタジオ側は映画化についてまだ検討中だから、企画は棚上げの状態だよ。でも実現するなら、ぜひ映画化に向けて動きたいね」と話している。

しかしトーマスはクリエイターとして参加しているコメディ『Party Down』がアメリカでは4月からシーズン2が始まる上、『新ビバリーヒルズ青春白書』にもクリエイターとして携わっている。『ヴェロニカ・マーズ』映画版まで手が回るのかは疑問だ。しかもトーマスによると、「ヴェロニカを演じたクリスティン・ベルは今年で29歳だから、10代の学生役を演じるには早く企画を進めなきゃと思っているけどね。でも近未来の設定で30歳のヴェロニカが登場するというのも考えている」とのこと。

映画化への道は困難なようだが、ジョエル・シルヴァーは『マトリックス』シリーズや、最近では『シャーロック・ホームズ』など、アメリカで大ヒットを記録したアクション映画の仕掛け人である。多忙な2人ではあるが、まだまだ『ヴェロニカ・マーズ』映画化の夢はあきらめていないようだ。

(海外ドラマNAVI)

« 『プライベート・プラクティス』ケイト・ウォルシュ、晴れて独身に返り咲き! | トップページ | ファン騒然!『ゴシップガール』、第4シーズンにテイラー・モムセンが出演しない!? »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

ヴェロニカマーズ大好きすぎる!!!!!こんなはまるなんて思ってなかった(*´д`*)もうローガンのヴェロニカへの愛がたまりません(笑)映画化かなり希望しますsign03sign03sign03

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/48091156

この記事へのトラックバック一覧です: あるの?ないの?『ヴェロニカ・マーズ』映画化の行方:

« 『プライベート・プラクティス』ケイト・ウォルシュ、晴れて独身に返り咲き! | トップページ | ファン騒然!『ゴシップガール』、第4シーズンにテイラー・モムセンが出演しない!? »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』