« 『マッドメン』はシーズン6まで? クリエイターが突然のビックリ発言! | トップページ | 『サマンサ Who?』のクリスティナ・アップルゲイトが乳がん克服を支えてくれたミュージシャンと婚約! »

2010年4月26日

戦争大作ドラマ『ザ・パシフィック』出演の若手俳優ジョゼフ・マッゼロに注目!

製作費200億円をかけて太平洋戦争を10回に渡って描くトム・ハンクス&スティーヴン・スピルバーグ製作の大作、戦争ドラマ『ザ・パシフィック』(原題:The Pacific)。現在アメリカで放映中だが、物語はいよいよ後半戦に突入する。ドラマの原作は、実際に太平洋戦争で戦った米海兵隊員ユージン・スレッジの回想録「ペリリュー・沖縄戦記」で、アメリカ海兵隊員たちの姿を描いている。そこで熱い視線を受けているのが、物語の語り部である海兵隊員ユージン・スレッジ役を演じるジョゼフ・マッゼロだ。

ジョゼフは、1983年生まれで現在26歳だが、実は子役出身。1990年の『推定無罪』で映画デビューし、その後は『激流』『ラジオ・フライヤー』『サイモン・バーチ』、他にもスティーヴン・スピルバーグ監督の『ジュラシック・パーク』に出演している。なんと恐竜から逃げ回っていたあの男の子だ!
彼は今回出演するにあたり、原作を読み、実際にユージンの妻と2人の息子にも会って話を聞いたという。「ユージンはすでに亡くなっているから、直接話すことはできない。でも彼の息子たちは性格や物腰が父親によく似ているそうなので、ユージン本人と話したような気持ちになった。ユージンという人間について知ることができたと思う」と語るジョゼフ。また本ついては「ユージンは残酷な戦争の状況をリアルに書いていて、読むのがつらくて途中で何度も本を閉じてしまった。でも撮影中にセットでこの本を読んで、ユージンから演技指導を受けたように彼の心情が理解できた」と述べた。

子役から大人の俳優に成長したジョゼフ。さらに今後は、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』のデヴィッド・フィンチャー監督の最新作で、Facebookの若き創設者の成功物語を描いた『The Social Network』に出演が決まっている。また南カリフォルニア大学で監督業など映画作りについても学んだという。「もちろん一番の希望は俳優だけど、監督や脚本にも興味があってね。どんなポジションであれ、自分ができることで映画作りに携わっていきたい」と、大成が難しいとされる子役出身俳優ならではの慎重さものぞかせている。

日本でもWOWOWで放映が決まっている『ザ・パシフィック』。ドラマとともに期待の若手俳優にもこうご期待!!

(海外ドラマNAVI)

« 『マッドメン』はシーズン6まで? クリエイターが突然のビックリ発言! | トップページ | 『サマンサ Who?』のクリスティナ・アップルゲイトが乳がん克服を支えてくれたミュージシャンと婚約! »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/48186687

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争大作ドラマ『ザ・パシフィック』出演の若手俳優ジョゼフ・マッゼロに注目!:

« 『マッドメン』はシーズン6まで? クリエイターが突然のビックリ発言! | トップページ | 『サマンサ Who?』のクリスティナ・アップルゲイトが乳がん克服を支えてくれたミュージシャンと婚約! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』