« リンジー・ローハン、今度はインドでブラックリスト入り!? | トップページ | 『ビッグバン★セオリー』にシェルドン憧れのアノ人がカメオ出演!! »

2010年3月22日

テレビも3Dブームが来るのか?アメリカで3D対応テレビ発売開始

『タイタニック』を抜き、映画史上最大のヒットを記録した『アバター』。続いて3月公開した3D映画『アリス・イン・ワンダーランド』も好調な滑り出しを見せ、すっかり映画界は3Dモードへ。
そしてこの流れは、映画界からテレビの世界へと波及し、いよいよ3Dテレビが日本に先駆け、アメリカで一般発売された。

一番乗りはパナソニックで、3月10日(水)よりフル3DHDプラズマテレビの発売を開始。パナソニックは『アバター』に技術協力をして、かなり前から3D技術に力を入れてきた。さらにサムスンが続き、ソニーは6月発売を目指す。だが、問題となるのは「3Dテレビで何を見るの?」ということだ。魅力的なソフトがなければ、3Dテレビの普及も難しい。そこで期待されていたのが、ブルーレイ3D版『アバター』。だが、4月に発売が決まったのは2D版のDVDとブルーレイのみで、3D版は来年へと発売が見送られた。理由は、3Dテレビの普及成長率を考慮に入れた結果だという。

ただアメリカでは3Dテレビのソフトは映画だけに限らない。むしろそれ以上に魅力的なコンテンツが存在する。なかでも、最も期待を寄せられているのがスポーツ!スポーツ専門チャンネルESPNでは6月から3D放映に乗り出す予定だという。特にサッカーのワールドカップは、3D中継の目玉とされている。確かにスポーツの3Dはかなり臨場感が増しそうだ。カーレースはもちろん、バスケットボールにアメリカンフットボールとボディアタックが強いスポーツが人気のアメリカならば、期待されるのも納得。また、ディスカバリー・チャンネルやその他ドキュメンタリーや歴史番組の専門チャンネルも来年に向け、3D番組提供へと動き始めている。

ケーブル局やネットワーク局でも3D番組の提供に力を入れるというから、来年には、3Dドラマが誕生していても不思議ではない。さて、どこまで3Dの世界は広がるのか?そしてテレビはどう変わっていくのか?果たして本当に3Dテレビは普及するのか……そして日本では?

(海外ドラマNAVI)

■『アバター』大ヒット公開中!
【配給】20世紀フォックス映画
(c) 2009 Twentieth Century Fox

« リンジー・ローハン、今度はインドでブラックリスト入り!? | トップページ | 『ビッグバン★セオリー』にシェルドン憧れのアノ人がカメオ出演!! »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/47876784

この記事へのトラックバック一覧です: テレビも3Dブームが来るのか?アメリカで3D対応テレビ発売開始:

« リンジー・ローハン、今度はインドでブラックリスト入り!? | トップページ | 『ビッグバン★セオリー』にシェルドン憧れのアノ人がカメオ出演!! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』