« サラ・ジェシカ・パーカー憤慨!代理母がマスコミの標的に! | トップページ | ABC『グレイズ・アナトミー』新シーズン、コートニー・コックス主演の新作『COUGAR TOWN』などを発表! »

2009年6月 8日

今シーズンの視聴率争い、CBSが大勝!

昨年秋から始まり、5月で終了したばかりの今シーズン。注目の地上波の総合視聴率争いは、CBS局が前年の覇者FOX局を抑えて首位に輝いた。また、3位はABC局、4位はNBC局となった。

CBSは、過去7年で6度も総合視聴率のトップの座に就いている。また、今シーズンの同局は、前シーズンと比べて11%の増加となる、平均1176万人の視聴者を獲得。他局が前シーズン比で軒並み視聴者数を減らす中、唯一増加を実現させ、好調ぶりを見せつけた。ドラマ、コメディー共に好調だったCBS。人気ドラマ・ランキングの中で、1位の『CSI:科学捜査班』、2位の『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』、3位の『The Mentalist』、5位の『クリミナル・マインド FBI行動分析課』、7位の『CSI:マイアミ』、9位の『CSI:ニューヨーク』、10位の『FBI 失踪者を追え!』と、ベスト10中7本が同局の作品となった。

一方、コメディーの分野でも、1位の『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』、2位の『Rules of Engagement』、4位の『The Big Bang Theory』、5位の『Worst Week』、6位の『How I Met Your Mother』と、ベスト10の半分を同局が占めている。

しかし、広告主が購買ターゲットとして重要視する18歳から49歳の年齢層に限った視聴率争いでは、FOXがCBSに打ち勝ち、首位となっている。ただ、FOXは、平均視聴者数では980万人と、前シーズン比で13%の減少を強いられている。(海外ドラマNAVIwww.HollywoodNewsWire.net

(C)2000-2009 CBS Broadcasting Inc.and Entertainment AB Funding LLC.All Rights Reserved.

« サラ・ジェシカ・パーカー憤慨!代理母がマスコミの標的に! | トップページ | ABC『グレイズ・アナトミー』新シーズン、コートニー・コックス主演の新作『COUGAR TOWN』などを発表! »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/45220587

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンの視聴率争い、CBSが大勝!:

« サラ・ジェシカ・パーカー憤慨!代理母がマスコミの標的に! | トップページ | ABC『グレイズ・アナトミー』新シーズン、コートニー・コックス主演の新作『COUGAR TOWN』などを発表! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』