« 5月は最終回目白押し。CSIは、ベティは……そしてどうなったんだぁ~!? | トップページ | 東京と大阪にWマシ・オカ出現でクイズに挑戦!?新たな戦いが始まる『HEROES/ヒーローズ シーズン3』がキター! »

2009年5月15日

『CSI』ウィリアム・ピーターセン降板後、視聴率低下

人気ドラマ『CSI:科学捜査班』で、ギル・グリッソム主任を演じてきたウィリアム・ピーターセンが、アメリカで現在オンエア中のシーズン9途中で降板してから3ヶ月半がたった。ピーターセンの穴埋めとしてローレンス・フィッシュバーンがキャストに加わったものの、ピーターセン降板後の視聴率は苦戦が続いているようだ。

今年の1月15日に放送されたエピソードが最後の出演となったピーターセン。その後の放送では、視聴者の中心層と言われる18歳から49歳までの視聴者数が低下。4月23日の放送回では、同年齢の視聴者数が、同ドラマ史上ワースト1位を記録するまで落ち込んだ。同日の視聴率で首位を獲得したのはアメリカ版『The Office』で、3週にわたり視聴率首位の座に輝いた。
『CSI』の製作総指揮を務めるナレン・シャンカーはフィッシュバーンについて、「とても良い仕事をしている。番組に新しい活気と雰囲気をもたらしてくれたと思う」と語り、高い評価を与えている。またシャンカーは、いなくなったピーターセンの代わりにフィッシュバーンが登場する『CSI』に視聴者が慣れるには、時間がかかるとの見解も披露。キャストの交代に関しては、「最もやってはいけなかったのは、『虫ではなく猫が好きなこと以外は、グリッソムと全く同じ男を新キャラにしよう!』というような案だった」とコメント。視聴者が、フィッシュバーン演ずる新キャラをもう少し辛抱強く見守ってくれることを期待しているようだ。
海外ドラマNAVIwww.HollywoodNewsWire.net

« 5月は最終回目白押し。CSIは、ベティは……そしてどうなったんだぁ~!? | トップページ | 東京と大阪にWマシ・オカ出現でクイズに挑戦!?新たな戦いが始まる『HEROES/ヒーローズ シーズン3』がキター! »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/44997557

この記事へのトラックバック一覧です: 『CSI』ウィリアム・ピーターセン降板後、視聴率低下:

« 5月は最終回目白押し。CSIは、ベティは……そしてどうなったんだぁ~!? | トップページ | 東京と大阪にWマシ・オカ出現でクイズに挑戦!?新たな戦いが始まる『HEROES/ヒーローズ シーズン3』がキター! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』