« コンゴ支援慈善イベントにキャスリン・モリスらセレブ集結 | トップページ | チェ・ジウ『スターの恋人』PRで来日! 大勢のファンが羽田空港でお出迎え »

2009年3月11日

全米俳優組合、プロデューサー側の最終オファーを拒否!

全米俳優組合(SAG)は、TV局の業界団体である全米映画テレビ製作者協会(AMPTP)との新契約をめぐる交渉で、AMPTPが提示した「最終で、かつ最良の案」を不服とし、拒否した。これにより、既に前回の契約が終了している中で働くSAGの組合員たちは、条件が不透明な状況下に、さらにしばらく置かれることが確実となった。
SAGの発表した声明によると、SAGは、AMPTPがギリギリで提示した、2012年3月までという新契約の期限を不服としている模様。本来は2011年6月までとされる期限が、交渉が長引き延長されたことで、SAGの姉妹団体である全米テレビ・ラジオ芸術家連合(AFTRA)の次回の契約更新と時期が離れてしまい、SAGの次回交渉が不利になるのを危惧していると見られる。しかし、AMPTP側は、「契約はいつも3年と決まっています。最悪の経済状況下にある現在結ぶSAGとの契約が、景気が良かった状況で結んだ他の団体と同じようにいい条件という訳にはいきません」と述べている。
一方、SAGが新契約を結べないお陰で、SAGより小規模で弱い団体とされているAFTRAが、かなりの利益を得ている模様。1年前は、日本のゴールデンタイムに相当するプライムタイム用のパイロット版の内、AFTRA管轄の番組はほんの数本しかなかったものの、今年はSAGが新契約を結べないこともあり、70数本中の50本以上がAFTRA管轄の作品になるという。
海外ドラマNAVI

« コンゴ支援慈善イベントにキャスリン・モリスらセレブ集結 | トップページ | チェ・ジウ『スターの恋人』PRで来日! 大勢のファンが羽田空港でお出迎え »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/44240770

この記事へのトラックバック一覧です: 全米俳優組合、プロデューサー側の最終オファーを拒否!:

« コンゴ支援慈善イベントにキャスリン・モリスらセレブ集結 | トップページ | チェ・ジウ『スターの恋人』PRで来日! 大勢のファンが羽田空港でお出迎え »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』