« 『グレイズ・アナトミー』のイジー、ガンで生存率は5% | トップページ | 『ボーンズ』主演のデヴィッド・ボレアナズが監督にも挑戦! »

2009年3月30日

『ER』、ジョージ・クルーニーの復帰で高視聴率をマーク!

現在放送中のシーズン15が最終シーズンとなる『ER 緊急救命室』。降板したオリジナルキャストを数多く呼び戻している今シーズンだが、3月12日放送のエピソードでは、ダクラス・ロス役のジョージ・クルーニーが久々の出演を果たし、高視聴率を記録している。
同エピソードには、『ER』出身俳優の出世頭であるクルーニーと共に、ロス医師の当時の恋人キャロル・ハサウェイ役のジュリアナ・マルグリースや、ジョン・カーター役のノア・ワイリー、ピーター・ベントン役のエリック・ラ・サルら、懐かしの面々が出演。大々的な宣伝は行われなかったものの、視聴率はその前週と比べると23%もアップし、2007年2月以降、最高の視聴率を獲得している。シーズン6で降板して以来の登場となったマルグリースは、「ジョージと私はファンに挨拶がしたかったし、ブレイクするきっかけを作ってくれたワーナー・ブラザースNBCにお礼がしたかったの」と最終シーズンへの出演を決めた説明した。また、受付のジェリー・マルコヴィック役でシーズン1から出演しているアブラハム・ベンルービは「スタッフはジョージが戻ってきて大喜びだったよ。何しろ、15年前と同じジョークを連発していたからね」と語っている。
さらに、シリーズ完結となる最終回を4月2日に控え、キャストや製作陣は番組スタート当時の思い出を披露している。1994年秋に放送がスタートする前には、視聴者を惹きつける魅力があるかどうかで局内で議論が交わされたそうだ。マーク・グリーン役のアンソニー・エドワーズは、「実際のところ、パイロット版を局側に見せたときには『これは正気の沙汰じゃない。誰も見やしない』というコメントが出たんだよ」と当時を回想している。しかし、映画『ジュラシックパーク』で知られるマイケル・クライトンと共に、同ドラマのパイロット版の製作総指揮を務めたスティーヴン・スピルバークは、『ER』の成功を最初から信じていたという。スピルバーグは「パイロット版の試写をしたときにね、共同で製作総指揮を担当するジョン・ウェルズに電話して『このドラマは絶対大ヒットするよ。いつまでも続いてほしいって思うね』って言ったんだ」と語り、ヒットメーカーとしての勘が正しかったことを示した。 (www.HollywoodNewsWire.net
海外ドラマNAVI

« 『グレイズ・アナトミー』のイジー、ガンで生存率は5% | トップページ | 『ボーンズ』主演のデヴィッド・ボレアナズが監督にも挑戦! »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/44461866

この記事へのトラックバック一覧です: 『ER』、ジョージ・クルーニーの復帰で高視聴率をマーク!:

« 『グレイズ・アナトミー』のイジー、ガンで生存率は5% | トップページ | 『ボーンズ』主演のデヴィッド・ボレアナズが監督にも挑戦! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』