« ヒラリー・ダフ、『ゴースト ~天国からのささやき』にゲスト出演 | トップページ | ABCとNBCの新ドラマは、80年代ブーム!? »

2009年2月 6日

『CSI』降板のウィリアム・ピーターセンがセレブの殿堂入り

人気ドラマ『CSI:科学捜査班』で、ギル・グリッソム主任を演じてきたウィリアム・ピーターセンが、現在放送中であるシーズン9の1月15日放送を最後に降板した。オリジナルキャストの1人であるだけでなく、シリーズを通して圧倒的な存在を示してきたピーターセン。そんな彼が抜けることで、視聴率の大幅な低下を危惧する声も上がっていたが、注目の視聴率の推移が明らかになった。 ピーターセン降板後、最初のエピソードとなった1月22日放送の『CSI』の視聴者数は1760万人。この数字は、同日に放送された番組で堂々の1位となっている。ただし、ピーターセンの最終出演となった前週15日の視聴者数2420万人に比べると、大幅に数字を落としたことになる。しかし、1760万人という数字は決して悪いものではなく、同局上層部や製作陣も「ひとまず安心」といったところだろう。今後は、ピーターセンに代わって新レギュラーとなったローレンス・フィッシュバーンが、どれだけ数字を稼げるかに注目が集まっている。
 一方、大役を終えたばかりのピーターセンは、2月3日、ハリウッド通りの歩道を飾る星型マークに名前を刻む「セレブの殿堂(Walk of Fame)」入りを果たした。ご満悦のピーターセンは「こんなことが自分の身に起こるなんて思いもよらなかったよ。自分の名前がボブ・ホープやジェリー・ルイスと同じ通りに残るなんて、ホントに最高だよ」と語った。星型プレートの除幕式には、『CSI』で共演したマージ・ヘルゲンバーガー、ジョージ・イーズ、ジョージャ・フォックス、エリック・スマンダ、ロバード・デヴィッド・ホールらがお祝いに駆けつけ、28年にもわたってTVと映画で活躍してきたピーターセンをねぎらった。また、ピーターセンは、グリッソム主任の役柄にちなんで、指紋を採るハケで星型プレートをなぞる一幕もあり、集まった人々を楽しませた。(www.HollywoodNewsWire.net
海外ドラマNAVI

« ヒラリー・ダフ、『ゴースト ~天国からのささやき』にゲスト出演 | トップページ | ABCとNBCの新ドラマは、80年代ブーム!? »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

良かったですね~cat

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/43955081

この記事へのトラックバック一覧です: 『CSI』降板のウィリアム・ピーターセンがセレブの殿堂入り:

» ウィリアム・ピーターセン、セレブの殿堂入りに [平安調美人のCSI:視聴日記(統合版)]
シーズン9の途中で降板したグリッソム役のウィリアム・ピーターセンが「セレブの殿堂 [続きを読む]

« ヒラリー・ダフ、『ゴースト ~天国からのささやき』にゲスト出演 | トップページ | ABCとNBCの新ドラマは、80年代ブーム!? »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』