« お馴染みの役者たちが勢ぞろい。全米俳優組合賞の候補者たち | トップページ | 『CSI』キャサリン役マージ・ヘルゲンバーガーが声優に挑戦! »

2009年1月 2日

またもや混乱か!?俳優組合のスト決議投票、一時延期

全米俳優組合(SAG)は、近日中に実施する予定だったストライキの是非を問う組合員投票を延期すると発表した。
映画会社・TV局の業界団体である全米映画テレビ製作者協会(AMPTP)との新契約をめぐる交渉が難航する中、SAGは交渉を有利に進めるため、ストも辞さないとの姿勢を見せていた。その第一歩として、1月2日にはストの是非を問う投票用紙が入った封書を組合員に発送する予定だったが、この発送日時を、1月12日と13日にロサンゼルスで行われる緊急会談の後まで延期することになった。この延期は、SAG委員長で、AMPTPとの交渉役も務めるダグ・アレンが12月22日、組合員に宛てたEメールで明らかにしたもの。
現在、組合員の間では、「ストが待遇アップにつながる」とするスト賛成派と、「不況の折にストを行うのはタイミングが悪い」とするスト反対派に分かれているとされ、賛成派にはメル・ギブソンやエド・ハリスらが、反対派にはジョージ・クルーニーやトム・ハンクス、キャメロン・ディアス、アレック・ボールドウィンらが名を連ねており、組合員の間では反対派が増えている模様。このため、SAGは早期の投票では、スト決行に必要な75%の賛成票が集まらないと判断し、時間をかけて賛同者を増やすことにしたようだ。
※写真は、WGAストライキのもの

« お馴染みの役者たちが勢ぞろい。全米俳優組合賞の候補者たち | トップページ | 『CSI』キャサリン役マージ・ヘルゲンバーガーが声優に挑戦! »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/43591364

この記事へのトラックバック一覧です: またもや混乱か!?俳優組合のスト決議投票、一時延期:

« お馴染みの役者たちが勢ぞろい。全米俳優組合賞の候補者たち | トップページ | 『CSI』キャサリン役マージ・ヘルゲンバーガーが声優に挑戦! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』