« 『CSI』、ローレンス・フィッシュバーンの初登場回が高視聴率! | トップページ | 『Weeds~ママの秘密』製作のショー・タイム、革新的番組作りで表彰 »

2008年12月29日

ゴールデングローブ賞、HBOが最多ノミネート

12月11日、第66回ゴールデングローブ賞の候補者・作品が発表され、TV部門では、ケーブル局のHBOが22部門で候補に挙がった。この22という数字は、地上波の主要4チャンネルを合計した数にも勝り、放送局別のノミネート数争いでは、ダントツのトップとなった。
HBOのノミネートにはTV映画の作品が多く絡んでいるが、『In Treatment』『True Blood』『アントラージュ★オレたちのハリウッド』といったドラマやコメディーのシリーズなどが複数の候補に入り、健闘している。そのほか、コメディー部門の作品賞にはNBC局の『30 Rock』『The Office』などが、ドラマ部門の作品賞にはFOX局の『Dr. House』などがノミネート入りした。
演技賞の分野では、シーズン6と7の間を描いた作品として、11月に放送されたばかりのTV映画『24 リデンプション』でジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランドが、TV映画・短期連続テレビドラマ部門の主演男優賞の候補となっている。また、シリーズものの主演男優賞には、ドラマ部門では、『デクスター~警察官は殺人鬼』のマイケル・C・ホールが3年連続の、コメディー部門では、『名探偵モンク』のトニー・シャルーブが5度目の、『30 Rock』のアレック・ボールドウィンが3年連続のノミネートを受けている。さらに、主演女優賞には、ドラマ部門では『クローザー』のキーラ・セジウィック、コメディー部門では『アグリー・ベティ』のアメリカ・フェレーラ、『30 Rock』のティナ・フェイらが候補に挙がった。有名人ばかりが候補入りしていることから、一部のマスコミからは、人気投票になっているのではとの声も出たノミネート発表となった。
なお、授賞式は来年1月11日に控えており、その模様はNBCで放送される予定だが、全米俳優組合(SAG)がストライキを行えば、授賞式にも大きな影響が出ると考えられる。(www.HollywoodNewsWire.net

« 『CSI』、ローレンス・フィッシュバーンの初登場回が高視聴率! | トップページ | 『Weeds~ママの秘密』製作のショー・タイム、革新的番組作りで表彰 »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/43514528

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデングローブ賞、HBOが最多ノミネート:

« 『CSI』、ローレンス・フィッシュバーンの初登場回が高視聴率! | トップページ | 『Weeds~ママの秘密』製作のショー・タイム、革新的番組作りで表彰 »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』