« 環境への貢献を称える賞を『ボストン・リーガル』『30 Rock』が受賞 | トップページ | 『24』特別ドラマ、高視聴者数を獲得! »

2008年12月 4日

『CSI:ニューヨーク』が100話目迎える

2004年から放送がスタートしたCBS局の人気犯罪ドラマ『CSI:ニューヨーク』が、シーズン5半ば、11月19日に放送されたエピソードで100話目を迎えた。
2000年に始まった『CSI:科学捜査班』、2002年に始まった『CSI:マイアミ』と合わせると、500話目に到達間近の『CSI』シリーズ。3つのドラマ全てが根強い人気を誇るが、同シリーズのクリエイターの1人で、製作総指揮も務めるアンソニー・E・ズイカーによると、オリジナリティーを残しつつも、マンネリに陥らないよう新鮮な側面をどう出すかで苦労が絶えないようだ。ストーリー展開やビジュアル面、登場人物の描き方などをどう発展させるかについて、製作陣と常に頭を悩ませていると語るズイカーは、『CSI:ニューヨーク』では、特にニューヨークという街自体に重点を置いてきたと述べている。
また、『CSI:ニューヨーク』のプロデューサーで脚本も担当するパム・ヴィーシーは「シリーズの中で唯一、冬という季節をちゃんと描けるのがニューヨークなの。だから、雪にまつわる科学ネタも盛り込めるのよ」と語り、ラスベガスとマイアミが舞台で、常に温暖な気候であるほか2作との違いを強調している。さらに、「文化的多様性があるし、歴史的に有名な建造物が多いのもニューヨークの特徴ね」とコメントするヴィーシー。アートや記念碑も街にあふれるニューヨークだが、記念すべき100話目では、芸術家のオラファー・エリアソンが今夏に手がけた人工の滝のインスタレーション(設置方法)が、ストーリー上で重要な役割を果たしたという。「人工の滝を見て、とっても美しいと感じたと同時に、これをドラマに登場させない手はないと思ったの」と100話目の脚本を担当したヴィーシーは、インスピレーションの源を明かしている。 (www.HollywoodNewsWire.net

« 環境への貢献を称える賞を『ボストン・リーガル』『30 Rock』が受賞 | トップページ | 『24』特別ドラマ、高視聴者数を獲得! »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/43308863

この記事へのトラックバック一覧です: 『CSI:ニューヨーク』が100話目迎える:

« 環境への貢献を称える賞を『ボストン・リーガル』『30 Rock』が受賞 | トップページ | 『24』特別ドラマ、高視聴者数を獲得! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』