« 『ER』最終シリーズに、ジョージ・クルーニーもゲスト出演か? | トップページ | 映画『SATC』の続編はある キム・キャトラルが発言 »

2008年11月21日

ブルック・シールズ、クリスチャン・スレイター、主演ドラマが相次いで打ち切り!

ブルック・シールズが主演し、シーズン2を放送中のコメディー・ドラマ『Lipstick Jungle』と、クリスチャン・スレイター主演の新ドラマ『My Own Worst Enemy』の打ち切りが、NBC局より11月13日に発表された。どちらの番組も、低視聴率が原因。
『Lipstick Jungle』は、『セックス・アンド・ザ・シティ』の原作者として知られる作家キャンディス・ブシュネルの同名小説をドラマ化したもので、昨シーズンからスタート。ニューヨークに暮らす3人の女性が主人公で、シールズのほか、『24 -TWENTY FOUR-』のキム・レイヴァーと、『ビバリーヒルズ青春白書』のリンゼイ・プライスが主演していた。「『SATC』の二番煎じ」というレッテルをぬぐい去れなかっただけでなく、シーズン1が脚本家組合のストライキの影響でスケジュールが大幅に乱れたことも視聴者を惹き付けるのにマイナス材料となってしまったようだ。
一方『My Own Worst Enemy』は、郊外に住む平凡なマイホーム・パパが、実は二重人格で、名前の違うもう1人の自分は、凄腕スパイであることに気づき始めるという、アクション満載のドラマ。映画スターのスレイターが、2つの顔を持つ主人公を演じるとあって、NBCも宣伝には力を入れていた。また、批評家の評価もまずまず好意的なものだったにも関わらず、10月13日の初回放送の視聴者数は、730万人と伸び悩んだ。その後の放送でも、視聴者数が500万人を割り込むなど盛り返すことができず、ニールセンが発表する今シーズンの番組視聴率ランキングでは、61位と低迷していた。
どちらのドラマも、すぐにほかの番組に取って代わられるのか、それとも撮影済みのエピソードは全て放送するのかといった詳細は、今のところ明らかにされていない。 (www.HollywoodNewsWire.net

« 『ER』最終シリーズに、ジョージ・クルーニーもゲスト出演か? | トップページ | 映画『SATC』の続編はある キム・キャトラルが発言 »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/43163463

この記事へのトラックバック一覧です: ブルック・シールズ、クリスチャン・スレイター、主演ドラマが相次いで打ち切り!:

« 『ER』最終シリーズに、ジョージ・クルーニーもゲスト出演か? | トップページ | 映画『SATC』の続編はある キム・キャトラルが発言 »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』