« カリフォルニア南部の山火事で、ロブ・ロウ慌てて避難 | トップページ | 『24』特番のプレミア、NYで開催! »

2008年11月28日

『CSI』主任の離職にファン不満

2000年10月にスタートした『CSI:科学捜査班』で、シーズン1からギル・グリッソム主任に扮してきたウィリアム・ピーターセン。同ドラマの中心的存在だった彼が、現在放送中のシーズン9途中で降板すると既に発表されたが、「ピーターセンが姿を消すことで、視聴率が大幅に低下する可能性が大」との指摘が、ある調査結果から浮上している。
その調査結果とは、AOLがオンライン上で行った同ドラマに関するユーザー・アンケートで、ピーターセンの降板で視聴者が37%まで減るかもしれないとの結果が出たという。10月9日からオンエア開始となったシーズン9で、ピーターセンが出演するのは第10話まで。その後は、映画『マトリックス』シリーズで知られるローレンス・フィッシュバーンが穴埋めとしてキャストに加わるが、この有名俳優の代替起用をもってしても、「視聴率は落ちるだろう」と、同調査に回答した41%が回答している。依然として平均2100万人もの視聴者を獲得し、根強い人気を見せている同ドラマ。しかし、全体的にTVの視聴利率が低調気味の現在では、心配せずにはいられない調査結果と言えそうだ。 (www.HollywoodNewsWire.net

« カリフォルニア南部の山火事で、ロブ・ロウ慌てて避難 | トップページ | 『24』特番のプレミア、NYで開催! »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

そのとおり!! やはりグリッソムがいないと見る気が半減。 戻ってきてほしいです。

wobblyほんとですか~sign02降板なんて信じられないです
よりによって、主任がね~!
視聴率が下がるのも納得です。
辞めないでほしいなsign04crying

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/43230927

この記事へのトラックバック一覧です: 『CSI』主任の離職にファン不満:

« カリフォルニア南部の山火事で、ロブ・ロウ慌てて避難 | トップページ | 『24』特番のプレミア、NYで開催! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』