« 『24』パーマー大統領、オバマ候補を支持!? | トップページ | [フォトギャラリー]田村英里子が凱旋帰国し、ヒーローズ・ファンの前に登場! »

2008年7月16日

17日、候補者・作品発表。エミー賞最優秀ドラマ、今年はケーブル局作品が有力!?

エミー賞の候補者・作品が7月17日に発表される。最優秀ドラマと最優秀コメディー部門は、それぞれ10の番組が候補ファイナリストとして発表されており、この中から候補5作品が選ばれることになる。
今年はドラマ部門のファイナリストにケーブル局の番組が多く、「ケーブル局躍進の年になるのでは」との声が挙がっている。これまで最優秀ドラマ、最優秀コメディー部門は地上波放送の番組の独占分野と言える状態で、ケーブル局では唯一、HBOが『SEX AND THE CITY』『ラリーのミッドライフ★クライシス』『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』などで賞を獲得してきた。しかし今年のドラマ部門のファイナリストには、FXの『ダメージ』、HBOの『THE WIRE/ザ・ワイヤー』、ショータイムの『デクスター~警察官は殺人鬼』『The Tudors』、今年1月のゴールデングローブで最優秀ドラマ賞を受賞したAMCの『Mad Men』と、ケーブル局の作品がファイナリストの半分を占めている。
ケーブル局躍進の理由として、『ダメージ』のテッド・ダンソンは、「ケーブル局では広告主の意向を気にしたり、テーマや見解による視聴者離れを心配する必要がない。それに、主人公のヒーローが常に正しい姿でなくてもいいからね」と、地上波に比べると自由な点が多いことを挙げている。こうした指摘にはAMCのテレビ・ドラマ『Breaking Bad』に出演するブライアン・クランストンも賛同しており、「これまで地上波作品では扱えなかったような話が、ケーブル局では展開できるようになっているんだ」と語っている。 エミー賞授賞式は、9月21日に開催される。 (www.HollywoodNewsWire.net

« 『24』パーマー大統領、オバマ候補を支持!? | トップページ | [フォトギャラリー]田村英里子が凱旋帰国し、ヒーローズ・ファンの前に登場! »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/41849740

この記事へのトラックバック一覧です: 17日、候補者・作品発表。エミー賞最優秀ドラマ、今年はケーブル局作品が有力!?:

« 『24』パーマー大統領、オバマ候補を支持!? | トップページ | [フォトギャラリー]田村英里子が凱旋帰国し、ヒーローズ・ファンの前に登場! »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』