« 『SATC』のミスター・ビッグがNY嫌いに!? | トップページ | 『ザ・ソプラノズ』のトニーの衣裳オークション »

2008年6月 9日

『グレイズ・アナトミー』脚本家ストの影響で視聴者失う

5月で多くの連続ドラマのシーズンが終了したのを受け、シーズンを通しての視聴率が明らかになり、『グレイズ・アナトミー』をはじめ、人気ドラマが軒並み視聴率を落としたことが分かった。
視聴率を落としつつも、リアリティー番組の『アメリカン・アイドル』は、今シーズンも最も数多くの視聴者を集めたが、全米脚本家組合(WGA)がストライキに突入する直前の11月では3位だった『グレイズ~』は、約4分の1にあたる600万人の視聴者を失い、ベスト10圏外へと落ちた。このほかWGAの長期ストの影響で撮影と放送中止を余儀なくされたドラマのほとんどは視聴者を失った。番組としては、前シーズンまで1位だった『CSI:科学捜査班』が視聴者を20パーセント失って3位に転落。また『Dr. House』も前シーズンより視聴者が12パーセント減ったものの、台本のある番組としては2位をキープした。『CSI』に変わって1位に躍り出たのは、前シーズンより視聴者が2パーセント増えた『デスパレートな妻たち』だった。(www.HollywoodNewsWire.net

« 『SATC』のミスター・ビッグがNY嫌いに!? | トップページ | 『ザ・ソプラノズ』のトニーの衣裳オークション »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/41423717

この記事へのトラックバック一覧です: 『グレイズ・アナトミー』脚本家ストの影響で視聴者失う:

» 【グレイズ・アナトミー】についてブログや通販での検索結果から見ると… [気になるワードを詳しく検索!]
グレイズ・アナトミー をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… [続きを読む]

« 『SATC』のミスター・ビッグがNY嫌いに!? | トップページ | 『ザ・ソプラノズ』のトニーの衣裳オークション »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』