« 『スター・トレック』のミスター・カトウが彼氏と同性婚!? | トップページ | 『バトルスター・ギャラクティカ』最終シーズンで視聴率回復 »

2008年6月 5日

デヴィッド・E・ケリーが22年間の契約に終止符

アリー my Love』『ザ・プラクティス』『ボストン・リーガル』など、コメディーからドラマまで多くのヒット作を生み出してきた敏腕プロデューサー、デヴィッド・E・ケリーが、22年間にもわたって契約関係にあった20世紀フォックス・テレビジョン(以下フォックス)を去り、ワーナー・ブラザース(以下ワーナー)に移籍することが明らかになった。
元弁護士のケリーは、1986年にフォックス局製作の法律ドラマ『L.A.LAW 七人の弁護士』の脚本家としてキャリアをスタート。93年には女優のミシェル・ファイファーと結婚して2児の父親になっている。ケリーは、フォックスの敷地内にある自身のプロダクション会社の存続を約束する契約更新をせず、現在の契約期間が切れた時点でフォックスを離れることを決意した。ワーナーとは3年間の契約で数千万ドル(数十億円)の契約金が支払われる見込み。ワーナーでは自身のプロダクション会社の経営よりも、テレビやオンライン向けの番組製作および脚本執筆に注力することになるという。(www.HollywoodNewsWire.net

« 『スター・トレック』のミスター・カトウが彼氏と同性婚!? | トップページ | 『バトルスター・ギャラクティカ』最終シーズンで視聴率回復 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/41423665

この記事へのトラックバック一覧です: デヴィッド・E・ケリーが22年間の契約に終止符:

« 『スター・トレック』のミスター・カトウが彼氏と同性婚!? | トップページ | 『バトルスター・ギャラクティカ』最終シーズンで視聴率回復 »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』