« 『アメリカン・アイドル』ファイナル24人を称えるパーティー | トップページ | NAACP賞で『アグリー・ベティ』、『グレイズ・アナトミー』が健闘 »

2008年2月22日

脚本家組合賞で『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』が単独エピソード脚本賞獲得

映画・TV・ラジオ、ビデオゲームなどの優れた脚本(家)に贈られる全米脚本家組合(WGA)賞が、ストライキ終結直前の2月9日に発表された。今年で60回目を迎えた同賞。映画部門では、『JUNO/ジュノ』が脚本賞を、『ノーカントリー』が脚色賞を受賞した。
一方のテレビ部門では、シリーズ物の脚本賞にはドラマから『The Wire』が、コメディーからは『30 Rock』が選ばれた。また、シリーズ物の中から特定の一話だけを対象にした単独エピソード脚本賞には、ドラマ部門では『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』が、コメディー部門では『The Office』が、アニメ部門では『シンプソンズ』が、それぞれ選ばれた。
さらに新シリーズに贈られる脚本賞は、1960年代前半のニューヨークを舞台に広告代理店のやり手社員のミステリアスな生活を描いたドラマ『Mad Men』が受賞した。 (www.HollywoodNewsWire.net

« 『アメリカン・アイドル』ファイナル24人を称えるパーティー | トップページ | NAACP賞で『アグリー・ベティ』、『グレイズ・アナトミー』が健闘 »

海外番組事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209468/40195773

この記事へのトラックバック一覧です: 脚本家組合賞で『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』が単独エピソード脚本賞獲得:

« 『アメリカン・アイドル』ファイナル24人を称えるパーティー | トップページ | NAACP賞で『アグリー・ベティ』、『グレイズ・アナトミー』が健闘 »

DVDリスト

  • 『Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 』
  • 『グレイズ・アナトミー シーズン5 』
  • 『プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2』
  • 『トゥルーライズ』
  • 『フレンズ I <ファースト・シーズン>』